トリートメントの捨て方がわからない!再利用する方法もある?

トリートメントの捨て方って?

トリートメントを買ったは良いものの、「成分や匂いが合わなかった」なんて経験はありませんか?

そんなとき、持て余してしまったトリートメントをどう処分すべきか悩んでしまいますよね。

今回はそんなトリートメントの正しい捨て方や再利用の方法についていくつかご紹介します。

家の中に余ったトリートメントがある方、捨てられずにずっと放置されている方は必見です!

トリートメントの正しい捨て方とは?

ではさっそく、トリートメントの正しい捨て方をご紹介します。

基本的な捨て方は、以下の3つです。

  • ①水で流しながら下水道に捨てる
  • ②紙パックに詰めて捨てる
  • ③新聞紙などに染み込ませて捨てる

どれも簡単な方法ですから、今からでもすぐに準備することができますよ。

ただし、捨て方は各自治体ごとに異なります

ご自身が住んでいる自治体の捨て方を確認して、これからご紹介する方法を参考にしてみてくださいね。

水で流しながら下水道に捨てる

まず、1つ目にご紹介するのは、水で流しながら下水道に捨てる方法です。

一番簡単で、準備をする必要もありません。

この方法のポイントは、必ず水を流しながら行うことです。

水を流さずにトリートメントだけを流してしまうと、排水溝が詰まる原因となってしまいます。

簡単な方法ではありますが、デメリットもあります。

1つは、水を流すことで水道料金がかかること。

もう1つが、環境汚染などの原因になることです。

これらの点が気になる方は別の方法もご紹介するので、そちらをチェックしてみてくださいね。

紙パックに詰めて捨てる

次にご紹介するのは、紙パックに詰めて捨てる方法です。

準備するものは、飲み終わった紙パックと、新聞紙などの紙だけです。

紙パックの上部をすべて開き、中に新聞紙などの紙を詰めましょう。

詰めた紙の上からトリートメントを流し込み、中身が漏れないように紙パックの上部をガムテープなどで留めます。

あとは燃えるゴミの日に出すだけです。

使い終わった油の処理と同じですね。

この方法であれば、環境汚染を防ぐことができますよ。

新聞紙などに染み込ませて捨てる

最後にご紹介する方法も、油の処理方法と同じです。

こちらで準備するものは、ビニール袋と新聞紙などの紙です。

こちらもビニール袋に新聞紙を詰めて、その上からトリートメントを流し込みます。

袋の口を縛って、あとは燃えるゴミの日に出すだけで完了。

こちらはレジ袋などでもできるため、家に紙パックがない人におすすめの方法ですよ。

ただし、袋の口の縛り方が緩いとトリートメントが漏れてしまうことがあるので、注意してくださいね。

トリートメントの捨て方の注意点

トリートメントの処理は、意外と簡単な方法でできます。

準備するものも、家にあるものなので手軽ですよね。

ただし、トリートメントを捨てる時にいくつか注意点があります。

それは、以下の2点です。

  • ①一気に大量に捨てない
  • ②それぞれの自治体の捨て方に沿った方法で捨てる

上記の2点は、住環境に悪影響を及ぼさないため、そして環境汚染を防ぐためです。

では、それぞれについてもう少し詳しく解説します。

一気に大量に捨てない

家に余っているトリートメントはどのくらいありますか?

1~2回しか使わず、ほとんど中身が残っているという場合もあるでしょう。

それだけ余ってしまっている場合、一気に全て捨てしまわないよう注意しましょう。

例えば、一気にシンクなどに流してしまうと、排水溝が詰まる原因となってしまいます。

新聞紙に吸わせる場合にも、吸いきれず液体のまま残ってしまいます。

これらは環境汚染の要因となるため、大量に残っている場合には何度かに分けて捨てるようにしてください。

それぞれの自治体の捨て方に沿った方法で捨てる

前述のとおり、ごみの処理方法は各自治体ごとに異なります。

トリートメントでは記載がないところが多いようですが、その場合には油の処理方法を参考にしてみましょう。

紙パックであれば燃えるゴミ、ペットボトルであれば資源ゴミといったように分類が異なります。

自分の自治体の捨て方を調べるには、「〇〇(お住まいの市町村) ゴミ処理」で検索してみましょう。

もしくは、市町村のホームページからでも参考ページに行くことができますよ。

トリートメントを捨てる前に!再利用できる方法がある?

ここまでは、トリートメントを捨てる方法についてご紹介しました。

しかし、やはりお金を出して買ったものですから、そのまま捨ててしまうのは勿体ないですよね。

近年ではゴミの量が問題にもなっていますし、再利用できればしたいものです。

じつは、トリートメントを再利用して日常に活用することは可能です!

ここからは、実際にどのように再利用できるのか、その方法をご紹介します。

柔軟剤として使用する

洗濯をするときに、柔軟剤を使用している方は多いかと思います。

じつは、柔軟剤の代わりにトリートメントを使うことができるってご存知でしたか?

お湯200mlに対してトリートメント1プッシュの割合で溶かして、柔軟剤と同じように洗濯機にセットするだけでOK!

注意することは、トリートメントの塊が残らないようにしっかりと溶かすことだけです。

香りもよく、肌にも優しいトリートメントは柔軟剤の代用品にバッチリです!

トイレ掃除に使用する

トリートメントは、トイレ掃除にも利用できます。

便器内のブラシやトイレシートなどを使って、トイレ内を掃除するのはいつも通りです。

もしシャンプーも余っている場合は、便器を洗う際に使うと泡立ちが良くキレイに洗えますよ。

トイレ掃除が終わったら、最後の仕上げにトリートメントを利用します。

トイレットペーパーに少量のトリートメントをつけて、掃除後の便器をサッと拭きます。

このひと手間で、便器に汚れが付きにくくなり、次回の掃除が楽になりますよ。

シャツの襟の部分洗いに使用する

トリートメントは、肌や髪に優しいだけでなく、衣類にも優しい成分でできています。

そのため、シャツに使用しても繊維が毛羽立つ心配がありません。

シャツと言えば、襟のところが黒ずんで汚れてしまいますよね。

トリートメントは、そんな襟の汚れを部分洗いするのにピッタリです。

手でこすっても取れない場合は、不要になった歯ブラシなどを使って擦ってみましょう。

ちなみに、トリートメントはウールなどのおしゃれ着にも使用できますよ。

窓ガラスや鏡の掃除に使用する

最後にご紹介するトリートメントの再利用方法は、窓ガラスや鏡の掃除です。

窓ガラスや浴室内の鏡は、水蒸気や結露で曇りがちですよね。

こまめに掃除をしていてもすぐに曇ってしまっては、なんだかやる気もそがれてしまいます。

そんなときには、掃除後の窓ガラスや鏡に、トリートメントをつけたタオルで拭いてみましょう。

窓ガラスや鏡がコーティングされ、曇りにくくすることができますよ。

まとめ

今回は、家にある余ったトリートメントについてご紹介しました。

余ってしまったトリートメントは、できればまずは再利用してみましょう

再利用ができれば、ゴミを増やさないだけでなく、経済的でもあります。

ただし、肌に合わなかったり匂いがどうしても苦手だったりした人は、無理せずに処分してしまいましょう。

処分する場合には、各自治体の方法を調べ、それにしたがってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です