酢をシャンプーに混ぜると美髪につながるって本当なの?

酢をシャンプーに混ぜると良いの?

酢をシャンプーに混ぜると良いって本当?

そんな話を聞いたことがありますか?

もし、それが本当だとしたら、どんな風に良いのでしょうか。

髪の毛にどんな影響を与えるのでしょうか。

この記事では、そのことについて詳しく解説していきます。

日本では、ほぼ毎日シャンプーをする方が多いと言われています。

その毎日の習慣とも言えるシャンプーで、何か良い効果があるというものならどんなものなのか気になりますよね。

新しい発見があるかもしれません。

酢をシャンプーに混ぜると美髪に繋がる効能がある?

実は、酢をシャンプーに混ぜると、美しい髪になる効果があると言われています。

酢を混ぜることで、髪の毛にどのような影響を与えるのでしょうか。

酢をシャンプーに混ぜることで、以下のような効能があると言われています。

頭皮の菌の繁殖を防ぐ

頭皮の血行を促進する

毛穴の皮脂を取り除く

頭皮のにおいを消臭する

頭皮を柔らかくする

それでは、この5つの効能について1つずつ詳しく解説していきます。

頭皮の菌の繁殖を防ぐ

まず1つ目の効能は、シャンプーに酢を混ぜることによって、頭皮の菌の繁殖を防ぐというものです。

酢には、抗菌効果があることはよく知られています。

そもそも酢は調味料なので、人の口に入っても問題ありません。

そのため、キッチン用品の洗浄などに使用されることもあります。

このように、体にとって安全でありながら、抗菌作用が期待できるのが酢というわけです。

これは、頭皮に対しても同じように効果が期待できます。

毛穴の皮脂を取り除く

2つ目にご紹介する、酢をシャンプーに混ぜることによって期待できる効能は、毛穴の皮脂を取り除くというものです。

料理をする時、肉を柔らかくするために、肉を酢に漬け込んだり、煮込む時に酢を加えたりすることがあるのはご存知ですか?

これは、たんぱく質を分解する酢の作用を利用した使い方なのです。

そのような作用のある酢をシャンプーに混ぜることで、頭皮の毛穴の皮脂を分解して取り除く効果が期待できるのです。

頭皮の血行を促進する

3つ目にご紹介する効能は、頭皮の血行を促進するというものです。

酢をシャンプーに混ぜることで、頭皮の血行を促進させ、新陳代謝を促す効果が期待できます。

頭皮の血行が良くなることで、頭皮にも栄養がしっかり届きやすくなります。

健康な髪の毛には、栄養が不可欠です。

そのため、頭皮の血行が促進され、十分な栄養が補給されることは、健康な髪の毛が生えることにも繋がります。

頭皮の新陳代謝が促されることで、頭皮も生まれ変わるため美しい髪に繋がるのです。

頭皮のにおいを消臭する

4つ目にご紹介するのは、頭皮のにおいを消臭する効能についてです。

頭皮から嫌なにおいを感じたことはありますか?

そもそも、なぜ頭皮がにおうのでしょうか。

それは、頭皮の皮脂雑菌の影響であると考えられています。

頭皮にとって、皮脂も常在菌も必要な存在です。

しかし、皮脂が過剰に分泌され雑菌が繁殖してしまうと、それはにおいの原因となってしまいます。

酢の作用で、皮脂をしっかり取り除き、殺菌することで頭皮のにおいを消臭する効果が期待できるのです。

頭皮を柔らかくする

最後にご紹介する、酢をシャンプーに混ぜることで期待できる効能は、頭皮を柔らかくするというものです。

頭皮が硬くなってしまうと、頭皮の血行が悪くなることにつながります。

そのため、栄養が行きわたりにくくなってしまうのです。

頭皮を柔らかくすることで血行が良くなります。

血行が良いと栄養も行きわたりやすく、健康な髪の毛が育ちやすい環境となるのです。

育毛剤などを使用する場合にも、頭皮が柔らかいことでその成分が浸透しやすいなどのメリットもあります。

酢をシャンプーに混ぜて使うことでどんな髪になれる?

シャンプーに酢を混ぜることで、上に挙げたような効能が期待できることがわかりました。

では、酢シャンプーを使うことで、髪はどのような状態になるのでしょうか。

シャンプーに酢を混ぜる、という話自体この記事で初めて目にするという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、酢シャンプーを使うことで髪がどのような状態になるのかという点がやはり気になるところではないでしょうか。

そこで以下で、その点について説明していきます。

水分のある滑らかな髪

まず1つ目にご紹介するのは、水分のある滑らかな髪になるという点です。

酢シャンプーを使うことで、髪本来が持つ滑らかさを取り戻す効果が期待できます。

それは、酢に含まれるアミノ酸の影響であると考えられています。

髪を洗うと、髪の毛のキューティクルが開いた状態になります。

それを、酢に含まれるアミノ酸の働きでキューティクルを閉じるのです。

キューティクルで守られることによって、髪の毛の水分が蒸発することも防ぎます。

クセが出にくい柔らかな髪

次に挙げるのは、クセが出にくい柔らかい髪になるという点です。

髪が硬いと、思うようにスタイリングできないこともあります。

それを無理にセットしようとすると、長い時間熱いドライヤーの風を当てるなどのことをしてしまいがちです。

しかしそうすると、髪の毛は傷みやすくなってしまいます。

柔らかい髪になることによって、無理矢理セットする必要もなくなります。

また、クセが出にくい状態になるのです。

思い通りのスタイリングができる効果が期待できます。

切れ毛や枝毛などが改善された髪

最後に挙げるのは、切れ毛や枝毛などが改善された髪になるという点です。

切れ毛や枝毛がある髪の毛の状態とは、キューティクルが傷んだ状態と言えます。

キューティクルが傷んだ状態では、髪はパサついた状態になります。

そこへ、酢シャンプーを使うことでキューティクルを正常な状態に戻す効果が期待できるのです。

一度キューティクルが完全にはがれてしまうと、それを元に戻すことはできません。

しかしキューティクルがまだ残っていれば、それを整える効果は期待できます。

酢をシャンプーに混ぜるだけで良いの?作り方って?

では、酢シャンプーの作り方について解説していきます。

基本的には、酢をシャンプーに混ぜるだけで完成します。

そのため複雑な工程などはありませんので、気になった方はぜひすぐに試してみてください。

しかし、酢シャンプーに使うお酢の種類については少し注意が必要です。

以下で酢シャンプーの作り方や、使っても良いお酢の種類について項目ごとに詳しくみていきましょう。

いくつかのお酢に関する、その特徴や効能についてもご紹介します。

作り方

それでは、まず酢シャンプーの作り方からみていきます。

先ほども触れたように、複雑な工程はありません。

試してみたいと思われたら、ぜひ今日のシャンプーで酢シャンプーを試してみてください。

そのうちやろうと思っていると、いつの間にか忘れてしまうということも多いものです。

酢シャンプーに限ったことではなく、髪の毛や頭皮の質を改善しようとする時にはある程度の時間も必要です。

そのため、気になった方法はできるだけ早く試してみましょう。

小さじ1杯のお酢を用意する

まず、小さじ1杯のお酢を用意します。

お酢が大量に必要なわけではないところも、酢シャンプーを作るときのハードルを下げていると言えます。

お酢は、料理にも使いますが、登場頻度はあまり多くないという方も少なくないのではないでしょうか。

そのため、キッチンで出番を待っているお酢をシャンプーに使ってあげましょう。

小さじ1杯であれば、お酢のにおいが苦手な方でもそれほど苦痛を感じることはないでしょう。

少量で効果が期待できるのは嬉しいですね。

洗面器半分ほどのお湯に混ぜる

そのお酢をそのまま髪の毛につけるわけではありません。

洗面器半分ほどのお湯を用意してください。

それに、先ほど用意した小さじ1杯のお酢を混ぜます。

お湯に混ぜると、小さじ1杯のお酢のにおいはほとんど気になりません。

お酢のにおいが気になると、それを髪に使うことには抵抗を感じる場合もあるでしょう。

そのため、においが気にならないという点も、実際使ってみる場合には大切な点と言えます。

酢シャンプーの作り方の工程は、あと1つです。

そのお湯にシャンプーを少量混ぜる

最後の工程では、お酢を混ぜた洗面器半分ほどのお湯にシャンプーを少量混ぜます

そのシャンプーは、日頃使っているシャンプーで大丈夫です。

酢シャンプーの作り方は以上です。

いかがですか?

お風呂に入る前に、ちょっとひと手間かけるだけで、さっと作ることができそうです。

簡単なので、さっそく試してみたくなった方もいらっしゃることでしょう。

でも、あとちょっとだけ待ってください。

次に、お酢の種類についてさらに解説していきます。

使っても良いお酢の種類

酢シャンプーに使うお酢は、お酢であれば何でも良いのでしょうか。

残念ですが、そうではありません。

避けた方が良い種類のお酢もあります。

そのため、ここでは使っても良いお酢の種類についてご紹介していきます。

使っても良いお酢として、米酢穀物酢りんご酢黒酢の4種類のお酢について解説します。

お酢にはそれぞれ、特徴や期待できる効能があります。

それぞれの特徴を知り、酢シャンプーに使うお酢を決めるのも良いでしょう。

米酢

米酢は、その名の通りを原料として作られている酢です。

お寿司や酢の物など、加熱しない料理に使われることが多いお酢です。

米酢は、比較的高価であることが多いので、酢シャンプーに使うにはもったいないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、米酢を使ってはいけないわけではありません。

酢の効能である、殺菌作用や血行促進効果を期待できます。

自宅に常備しているのが米酢だけだという方も安心して使ってください。

穀物酢

穀物酢は、主にとうもろこしを原料として作られる酢のことです。

米酢や黒酢も穀物酢の一種ではありますが、穀物酢という場合には、麦やとうもろこしなどの穀物を原料としている酢を指すことが一般的です。

穀物酢は、比較的安く手に入るので、常備しているご家庭も多いでしょう。

煮物などの加熱料理にも多く使われます。

また、キッチン用品などの殺菌や酢シャンプーのような美容目的にも使用しやすい酢であると言えるでしょう。

りんご酢

りんご酢は、りんごの果汁が使われている酢です。

りんごにはタンパク質が含まれていないため、アミノ酸はほとんど含まれません。

しかし、カリウムが豊富に含まれる酢です。

りんご酢は、フルーティーな香りがします。

そのため、酢のにおいが気になる方は、りんご酢から試してみても良いかもしれません。

りんご酢にも、殺菌作用などが期待できます。

酸性であるため、健康な頭皮の状態である弱酸性に整えてくれる効果も期待できます。

黒酢

黒酢は主に玄米を原料として作られています。

黒酢の色は、長期間熟成や発酵がされているため褐色や黒褐色になっているのです。

黒酢はこれまでご紹介してきた酢の中で、アミノ酸が最も多く含まれています。

人間には、必須アミノ酸と呼ばれる成分が必要です。

必須アミノ酸とは、体内で作ることができないので外から摂る必要があります。

その必須アミノ酸は、9種類ありますが、そのうちの8種類が黒酢に含まれているのです。

酢シャンプーの使用方法は?

では次に、酢シャンプーの使用方法について詳しく解説していきます。

酢シャンプーを効果的に使うには、使用方法も確認しておく必要があります。

酢シャンプーに限ったことではありませんが、どんなに効果が期待できると言われるものでも、その使い方が間違っていたりズレたりしていれば、思ったような効果は得られないでしょう。

ぜひ、これからご紹介する使用方法を参考に、効果的に酢シャンプーを使ってみてください。

シャンプーの前に、ブラッシングをしておくこともおすすめです。

髪をお湯で素洗いしておく

まずは、髪の毛をお湯で素洗いします。

素洗いとは、お湯だけで髪の毛を流すことです。

実は、この素洗いだけで汚れの約8割は落とすことができるとも言われています。

そのため、丁寧に素洗いをすることをおすすめします。

この時に注意するのは、爪を立てないことです。

爪を立てて洗うと、頭皮に傷をつけてしまうことがあります。

指の腹で、やさしく頭皮を洗ってください。

そして、髪の毛の根元から毛先に向かってお湯を流し、素洗い完了です。

酢シャンプーで髪を洗う

次に、酢シャンプーで髪の毛を洗います。

このときも、素洗いの時と同じように、指の腹でやさしく洗ってください。

爪を立ててシャンプーをするのはやめましょう。

爪を立てることで頭皮が傷つくと、そこから雑菌が入り炎症を起こしたり、雑菌が繁殖したりしてにおいの原因となってしまうこともあります。

頭皮環境が悪化することは、抜け毛につながる場合もあります。

酢シャンプーにも頭皮環境を整える効果が期待できます。

しかし、その使用方法が間違っていれば、逆効果となるのです。

頭皮マッサージをする

指の腹でやさしく洗ったら、頭皮マッサージをしてみることもおすすめです。

頭皮マッサージとは、指の腹を使い、適度な力で頭皮をマッサージすることです。

このとき、力を入れすぎないこともポイントです。

気持ちよく感じる程度の力でマッサージしましょう。

頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行を促進させる効果も期待できます。

血行が促進すれば、栄養が行きわたりやすくなります。

健康な髪の毛に、栄養は不可欠です。

ぜひ試してみてください。

すすぎ残しのないように洗い流す

最後に、すすぎ残しがないようにしっかりとすすぎます。

お酢は口に入れるものでもあり、それ自体が有害ではありません。

しかし、頭皮にすすぎ残しがあると、それは汚れとなって頭皮環境に影響を与えます。

汚れが残っている状態になると、頭皮の毛穴が詰まるなど頭皮環境を悪化させることにつながるのです。

健康な髪の毛には、清潔で保湿された頭皮が欠かせません。

酢シャンプーを効果的に使うためにも、最後のすすぎはしっかりと行うようにしてください。

酢シャンプーを使用する際の注意点

酢シャンプーを効果的に使うための使用方法がわかっていただけたことでしょう。

ここでは、使用方法の補足となるように、酢シャンプーを使う時の注意点について解説します。

注意点は3つあります。

その3つも、それほど難しいものではありません。

一度読んでいただければ覚えられるものや、使用方法の補足になっているものもあります。

ぜひ一度読んでいただいて、酢シャンプーを使う時の参考にしていただきたい内容です。

この注意点を読んで、いよいよ酢シャンプーを使ってみてください。

作り置きしない

まず1つ目の注意点は、作り置きしないことです。

酢には殺菌作用があります。

しかし、一度作った酢シャンプーに雑菌が繁殖しないというわけではありません。

酢の濃度も低くなっていますし、お湯やシャンプーと混ぜているので作り置きしてしまうと雑菌が繁殖してしまいます。

作り方も簡単ですので、ぜひ使用する前に、使用する分だけを作るようにしてください。

料理にも使うことができる酢を無駄にしないためにも、作り置きはしないようにしましょう。

砂糖や塩が含まれていない酢を使用する

2つ目の注意点は、砂糖や塩が含まれていないものを使用することです。

お酢には、砂糖や塩を混ぜて味をつけてある種類のものもあります。

ご飯と混ぜるだけで酢飯ができるという便利なものもあります。

そういったお酢は、料理の時には便利です。

しかし、その種類のお酢を酢シャンプーに使うのは避けてください。

お酢の働きで、髪の毛に良い効果をもたらすための酢シャンプーです。

そのため、余分な成分を含んだお酢で酢シャンプーを作らないようにしましょう。

酢は必ずお湯と混ぜて使用する

3つ目の注意点は、酢を必ずお湯と混ぜて使うことです。

これまでもご紹介してきたように、お酢には殺菌作用などの効果が期待できます。

そして、強い酸性をしています。

上手に使えば、その性質がプラスに働くため、酢シャンプーのような美容方法にも効果的なのです。

しかし、酢をそのまま頭皮のつけてしまうのは、刺激が強すぎます。

かぶれなどを起こす可能性もあります。

きちんと適量を守って、酢シャンプーを作るようにしましょう。

酢以外にシャンプーに混ぜると良いものってある?

これまで酢シャンプーについてみてきました。

このように、お酢も髪の毛に効果的なものであることがわかっていただけたことでしょう。

さっそく酢シャンプーを作ってみようと思ってくださった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、お酢以外にもシャンプーと混ぜると効果的なものはないのでしょうか。

実は、あります。

ここでは、お酢以外でシャンプーに混ぜると髪への効能があるものを4つご紹介します。

それぞれの髪への効能についても解説していきます。

重曹

まず1つ目にご紹介するのは重曹です。

重曹は、キッチンなどの掃除にも役立つものとしてご存知の方も多いのではないでしょうか。

重曹は、におい消しとしても使用されることがあります。

重曹をシャンプーに混ぜることで、頭皮のにおいを防ぐ効果も期待できます。

重曹シャンプーの作り方は、小さじ1杯の重曹と洗面器半分ほどのお湯を混ぜます。

それにシャンプーを少量混ぜます。

市販のシャンプーでは刺激が強すぎると感じる方にもおすすめです。

ハチミツ

次にご紹介するのは、ハチミツです。

ハチミツには、抗菌作用抗炎症作用もあります。

また、保湿作用も期待できます。

水分の蒸発を防ぐ働きをするので、しっとりとした髪になります。

重曹やハチミツは、それだけで髪の毛を洗おうとすると、きしみを感じる場合もあります。

これまで泡立ちの良いシャンプーを使っていた方は特に感じるようです。

しかし、お湯やシャンプーと少量を混ぜて使うだけでも、その効能は期待できます。

そのためまずは、シャンプーに混ぜて使うことからおすすめします。

ごま油

次にご紹介するのは、ごま油です。

ごま油は、食べても、塗っても体に良い効果があります。

抗酸化作用も優れています。

料理に使うと良いということをご存知の方は多いかもしれません。

でも、シャンプーに混ぜると考えたことがある方は少ないのではないでしょうか。

ごま油は、クレンジングの効果も期待できます。

そのため、頭皮の毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを落としてくれます。

シャンプーに混ぜる時には白ごま油を使うのがおすすめです。

炭酸水

最後にご紹介するのは、炭酸水です。

炭酸水は、水と二酸化炭素でできています。

そのため、飲むだけでなく、髪の毛や肌にも悪い影響を与えずに使うことができます。

そして何より、炭酸水をシャンプーに混ぜることのメリットは炭酸の泡が汚れを落としてくれることです。

ただし、40度以上になると炭酸がすべて抜けてしまいます。

そのため、高めの温度でシャンプーをしている方はお湯の温度に気を付けてシャンプーに混ぜてくださいね。

まとめ

酢シャンプーや、お酢以外にもシャンプーに混ぜるとおすすめのものについてご紹介しました。

一般的に市販されているシャンプーは刺激が強すぎて合わない、という方は一度これまでにご紹介したシャンプーを試してみてはいかがでしょうか。

身近にあるもの、口に入れても問題がないものでも、使い方によっては頭皮をきれいにしてくれるものにもなります。

作り方も、ほとんど混ぜるだけなので多くの手間もかかりません。

気になったものがあれば、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です